修理

腕時計のバンド(ベルト)をDIYで格安修理する方法!!

こんにちは。

『やってみたブログ(結果編)』を書いている、『ふみふみ』と申します。

今日はですね、愛用の腕時計のバンド(ベルト)が壊れた時、自分で修理する方法!!について書こうと思います。(腕時計本体ではなく、ベルトです)

普通に修理に出すと2〜5千円くらいかかるのに対し、自分で直すと、安ければ千円ちょいで直すことが可能です!、また、次に同じ壊れ方をした際には、余った部品でもう一度直すことも可能になります!

腕時計のバンド(ベルト)が取れた!

↑以前仕事中に、腕時計のベルトが突然外れ、腕から落ちてしまいました・・・。よく見てみると、ベルトを固定する部品「割りピン」と「バネ棒」が壊れ、接続部(本来は外れない個所)が外れてしまった事が原因でした・・・。

↓ちなみに、これが修理後の腕時計写真です。

10年ほど前に4~5万円で買ったもので、ソーラー電波時計、電池交換もメンテナンスも皆無で今まで使えていたんですが、とうとう限界が来たようです・・・。

交換部品の写真です

↓これが割りピンの写真です。

↓バネ棒はこれです。

最初外れたのは割りピンの方でした(真っ二つに割れてどこかに落ちてしまったようです)

で、よく見るとバネ棒も使い物にならない状態になっていました(老朽化でバネが死んでました・・・)

実は部品単品でも販売されている!?

 

実は、割りピンにしてもバネ棒にしても、色々な寸法のものが通販で販売されているんです!!

必要な部品の寸法さえわかれば、部品を通販等で購入し、あとは自分で付け替える事が出来るという事になります!

自分の腕時計にどの寸法の部品が使われているか?は、自分で測る、とか、メーカーに問い合わせしてみる等の方法が有ろうかと思います。(私の場合は自分で測りました)

割りピン・バネ棒の寸法は??

持っている時計のメーカーに問い合わせ等をし、部品の寸法を教えてもらうとか、ネット上で調べられたりが出来れば良いんですが、それが無理な場合は、自分で今の時計に使われてる部品を分解し、寸法を測る必要が有ります。

測定器を持って無い場合は、ホームセンター等に部品を持って行き、売り場にある測定器でササっと測ってみる、等すれば、測定器を買わなくても寸法が測れるかもしれません(笑)←ピン等は細かいので落とさないように注意です。

部品寸法測定の具体的方法について書きます。

寸法測定、まずは割ピンを外します

↓この小さい丸い穴の中に入っているのが割りピンです。(高級な腕時計の場合はねじになっている物も有ります)

割りピンの場合、下の写真赤丸部のように、抜き出し方向の矢印等が書かれてますので、この方向に、割りピンを押し出します。※写真は、家にあった適当な道具で作業してます。が、下手をすると壊れてしまう事もあるので、専用工具等は有ったほうが良いかもしれません。

手の力だけで押し出すのは恐らく不可能です。トンカチでカンカンしましょう。反対側から先っちょさえ出てきてしまえば、あとは先っちょをペンチ等で優しくつかみ、引っ張って抜き出しましょう。

※バネ棒の場合は、細いピン等で両端の引っ掛かりを外せば外れます。

寸法を測ります

寸法を測るのには、頑張れば定規でも測れるかもしれませんが、ノギスが有ると安心です。(持っていない場合は、ホームセンター等で貸してくれるところが有ったかもしれません・・・。)

↑割りピンの長さです。L(長さ)17.5mmでした。(L17mmかL18mmどちらでも使えそうです)

 

↑割りピン胴体部の太さです。φ(直径)0.95mmでした。両端ではなく、胴体部分の寸法です。

受け穴の寸法を測るとφ1.14mm(小さい方の写真)だったので、割りピンの太さはφ1mmの物が使えそうです。

↑バネ棒の長さです。L(長さ)21.07mmでした。(L21mmが使えそうです。)

↑バネ棒の太さです。φ(直径)1.28mmでした。(φ1.3mmが使えそうです。)※こちらも両端ではなく、胴体部分の寸法です。

という事で、私の腕時計には↓以下の部品が合う事が分かりました。

割りピン=φ(直径)1mm × L(長さ)17mm または L18mm
バネ棒=φ(直径)1.3mm × L(長さ)21mm

↓一応、お手頃価格で買えるノギスのリンクを貼っておきます。

↓最近発見したんですが、なんと100均(セリア)でも簡易ノギスが売られてました。

通販で新しい部品を買い交換する事で、無事今まで通り使う事が出来るようになりました!!

割ピン・ばね棒の購入方法(リンク)です

部品は通販等で販売されています。リンクを以下に貼り付けます。

↓割りピンです

何種類かの長さがセットになっています。必要な太さ・長さのピンが含まれているものを買いましょう。

↓バネ棒です。

こちらも何種かの長さがセットになっている物や、1本から売られている物も有ります。必要な寸法の物を買いましょう。

↓専用工具セットです。(無くても出来ますが、あった方が絶対作業が楽です)

簡単ですが、以上になります!最後までお読みいただき、ありがとうございました!

↓これ、ポチって頂けますと、とてもうれしいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です