中国生活

中国で買い物!サイトやスマホアプリが最適な理由!!【2018年】

こんにちは!!『やってみたブログ(結果編)』を書いている、『ふみふみ』と申します!!

中国に来て2ヶ月ちょっとになります。
私の場合広州ですので、同じく広州や首都圏にお住まいの方は感じられていると思うんですが、物価が高い∑(‘◇’*)、思った以上に高い(*_*)、生活費ばかになんね~~(・・;)一昔前は中国と言えば物価が安いイメージが有ったかもですが、今となればもはや中国も経済大国・・・。良いものは高いです・・・。(どこの国でもそうなんでしょうがね)

という事で今回は、中国国内において、ネットのWEBサイトやスマホアプリを使い、出来る限り安価に買い物をする方法をご紹介したいと思います!

WEBサイト・スマホアプリがオススメな理由

日本でも同じことが言えるんですが、やはり値段においてはネット通販に勝るものはありません(例外はあるかもしれません)。競争の原理なんでしょうね。地域の販売店は競争相手が同じ地域の同業者(家電なら家電取扱店、食品なら食品取扱店)になるのに対し、ネット通販となると競争相手は全国ネットの同業者となり、その数が劇的に増えます(ぼったくり辛い境遇になるわけですね)

また、中国のお店ってどこに行ってもそうなんですが、品揃えが悪い・・・。靴は有るけど靴べらはない、といった感じで、痒いところに手が届かなくてなんかもうムズムズします・・・。

中国でオススメな通販サイト

という事で、私が経験上良いなと思ったオススメ通販サイトを以下ご紹介したいと思います。
※何れも、PC・スマホアプリ両方に対応しています。
※PCからでも、リンク先の検索バーより商品を検索することが出来ます。

生活用品等の購入にオススメ

はず初めに、生活用品等の購入にオススメなのが“天猫”というサイトです。
天猫 ←クリックかタップでリンク先に飛びます
読み方:天猫=TIAN MAO(ティァン マオ)
通称:T-MALL
発音:”ティァン”で1テンポ、”マオ”で1テンポのように、”ティァ”部は非常に短く発音しています。
(広州の場合?)

↓こんな事でお困りの方にオススメです
『欲しい物』が決まっているが・・・
◆こんなサイズの収納家具が欲しいけど、どこを探してもない!
◆こんなのが欲しいが近所のどこにも見つからない・・・
◆どこに行ってもなんか違う or 値段が高い・・・
などなど、経験上、天猫で探すと案外安く売られてたりする事が少なくありません。

私の場合、靴べらをどこに行っても見つけられなかったんですが、パソコンから天猫検索で安く購入する事が出来ました。(中国語のサイトになります。中国語がわからない方は、PC検索で翻訳機能を使用しましょう。)
↓参考画像(クリックで拡大)

(¥マークが付いていますが、通貨は人民元、1人民元=17.5円くらいです)
※上記画面は、Google Chromeの拡張機能”どこでも翻訳 Translate Anywhere“を使用しています。(Windows環境)
※中国でGoogle Chromeを使う場合はVPN接続環境が必要になります。
→VPN接続業者のオススメはこちら

欲しい商品を自分で探した後、発注自体は中国の知り合いに頼み、お金を現金で渡しています(笑)
また、自分で探しても見つからない場合は、現地の方に頼んで探してもらうという方法もオススメです。

家電・電気製品の購入にオススメ

次に、家電・電気製品等の購入にオススメなのが“京东”というサイトです。
京东 ←クリックかタップでリンク先に飛びます
読み方:京东=JING DONG(ジン ドン)
通称:jingdong mall
補足:京东=日本語にすると”京東”のようです

↓こんな事でお困りの方にオススメです
『欲しいブランド・メーカー』にこだわりがある
◆Apple社のIphone〇〇を購入したいがそのへんの店で購入するのが不安
◆どこに行けば〇〇社の○○が売ってるのかわからない
などなど、値段は少し高くつくかも知れませんが、ここならほぼ安心して購入する事ができるようです。

こちらの京東では、発注した商品を1W以内であれば無条件で返品できる制度を取り入れるなど、取扱商品に対しての自信と拘りがあることが見て取れます。
↓参考画像(クリックで拡大)

(¥マークが付いていますが、通貨は人民元、1人民元=17.5円くらいです)
※上記画面は、Google Chromeの拡張機能”どこでも翻訳 Translate Anywhere“を使用しています。(Windows環境)
※中国でGoogle Chromeを使う場合はVPN接続環境が必要になります。
→VPN接続業者のオススメはこちら

一応、天猫よりも価格は高めで商品は信用できるサイトという事で記載致しましたが、本当にこだわりがある物であれば、日本で購入するのが一番安心かも知れません・・・(笑)

こちらも、もし利用する場合は欲しい商品を自分で探した後、発注自体は中国の知り合いに頼むなどの方法で発注できれば安心です(代金は現金で払います(笑))

天猫、京东の商品について

一応、生活要因は天猫、電気製品は京东という事で書きましたが、どちらも同じ通販サイトなので、ある程度全般的に取扱はしていると思います。現地の方のイメージとしては、天猫よりも、京东の方が高品質で高いというイメージが有るようです。

広州の電脳街 岗顶駅へ行ってみた

番外編ですが(笑)中国入国当初に、色々と広州の街を出歩いてみたことがあります。
中でも面白かったのが、広州地下鉄3号線の”岗顶”という駅です。自作PCパーツや周辺機器、スマホも本体や部品売り、修理受付、他にもマニアックな電気製品等が沢山販売されていました(笑)

路線:広州地鉄3号線
駅№:3-13
駅名:岗顶(GANG DING)→日本語では”崗頂”
広州地鉄WEB:http://www.gzmtr.com/

駅を出るといたる所に”電脳”の文字が記載されたお店がズラリと並んでいます。
電脳とは、日本語にすると、パソコンとかの意味になるようです。日本で言う、日本橋とか、秋葉原のようなイメージです。

WEBカメラや、ポケットWifi、オフラインでも音声認識で翻訳等をしてくれる機器等、色々なものが販売されていました(ドキドキ・・・!)
色々声をかけられましたが、中国語が出来なかったし、これらは購入しようという気にはなりませんでした(笑)
※欲しい物が特に決まっていない、等の場合は、一度足を運んでみるのも面白いかも知れません(^o^)

この日唯一店舗購入したポケットWifi


言葉がわからない中、身振り手振りで唯一購入したのがポケットWifiです(笑)
上側に写っているのが古い貰い物のポケットWifi、下が新しく買ったポケットWifi(Huawei -6C7F)です。(上記は店舗で購入交渉中の写真です)

最初は450元(約8千円)と言われていた所、交渉して400元(7千円)で購入しました。
(今考えると更に交渉すればもうちょっと安くできたかもです(笑))

※不良品やsimとの相性が心配だったので、simを差し替えしっかり動作確認をしてから購入しました。(これによりポケットWifiの通信速度が2倍になりました☆)
やはり、触って確認、動作確認も出来るのは店舗購入の醍醐味ですね^^
※店舗で動作確認した後、店舗では買わずにJingdong mallで買うっていうのは・・・!?∑(‘◇’*)←思いついただけでまだやった事無いです(笑)

岗顶駅 電脳街のパソコン部品

岗顶駅周辺で、パソコンの部品が沢山売られていました。

↓中でも面白かったのがこれ(笑)

マザーボード、CPU、メモリ4GB、グラフィックボードのセットです。(ヒートシンク、でかっ∑(‘◇’*))
詳細スペックはわかりませんが、CPUはCore I7 7700Kとの事でした。
何と値段は600USD(・・;)、日本円で約7万円です。グラボはG-forceとかなんとか言ってた気が・・・。

Core-i7といえば先程ご紹介したjingdong mallでCPUだけでも2500元(約4.5万円)はします・・・。(ちなみに今調べてみると日本の価格.comでは約3.8万円でした)

以上のように、岗顶駅では色々な面白い物が販売されている事が分かりました(笑)でもやはりこだわりの有る電気製品で正規のものは日本で買う方が安い&安心かもです(笑)
※中国の店舗で購入する場合には、パソコン部品等なら実際に組み上げてもらい動作確認(必要であればフリーソフトをUSBで持っていきベンチマーク確認)をすることをおすすめします。(スペックや型番のごまかし等は割と有るようです。)
※不安な方は、jingdong mallでの購入をおすすめします。←まだ買ったこと無いけど(笑)

他にも、電材関係、半田ごてや電線、工具等色々な物が揃っており、ここに来れば電気関連のだいたいのものは揃うのでは??と思うほどの品揃えでした。↓写真

以上になります。最後までお読みいただいた方、ありがとうございました(^^)

また他にも色々と試してみて、新たな発見が有りましたら記事更新&追加していこうかと思います(^o^)

↓ポチって頂けますとモチベーション上がります(^^♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です